株式会社ハヤチネ 岩手県紫波郡紫波町佐比内字舘前43-1 TEL 019-674-2970
私たちは、ログハウス造り専門で25年の実績を持ち、長年の研究の結果、国産材を使った自社製材、自社製造のログハウスを造っています。
CONTENTS
ホーム
*資料請求
ハヤチネのログハウス
*日本の風土に合わせて木を使う
国内初防火認定プロジェクトノッチ
ローコスト化への挑戦
工場見学
施工例
基本仕様
プラン集
会社概要
組織構成
ハヤチネの歩み
社名の由来
アクセスマップ
個人のお客様へ
土地探し・施工のご相談はこちらへ
つれづれブログ
はじめました
*はやちね便り
ほっとひと息
〜立ち寄り観光情報〜
本社の紫波町周辺
工場の遠野市周辺
リンク集
*リンク
*日本の風土に合わせて木を使う
国産・無垢の芯去り材

ハヤチネは、ログハウス専門業者として世界中のログハウスの輸入、販売を長年手がけ様々なタイプのログハウスの長所・短所を知り尽くしています。

また「地産地消」という言葉があるようにその土地のものをその土地で使うのが一番良いと言われています。

日本の気候と日本人の生活様式にあったログハスウをお届けするためにそして材の割れなどによるお客様の不安をできる限り解消できるよう国産で無垢の芯さり材を使うことで品質の向上を図りつつまた国内林業や自然環境の保全に少しでも貢献できればと考えています。


歴史に学んだ「木表」づかい

千年以上の時を経て今に受け継がれる社寺仏閣の知恵と技に学び日本の気候に合うようにログ材の「木表」を外側に使用しています。木が本来持っている自然の力を発揮できるようにすることでさらなる高耐久を望むことができます。


「芯もち材」「ラミネート材」に対する考えかた

芯もち材は、安く手に入ることが最大のメリットですが着荷から完成までの間にも「ひび割れ」がはじまり完成引き渡し後もその進行は止まりません。

乾燥された原材料で加工されてはいますが、ひび割れを入れずに短期間で含水率20%理想含水率15%以下に乾燥させるのは難しいようです。

また、着荷後のひび割れの原因は、木材の外部の乾燥による収縮が芯部よりもより早く進み芯部の含水率とのバランスの崩れにあるようです。

一般住宅でひび割れという体験はないものですからお客様が不安を感じることが多いのは当たり前です。

ラミネート材は動きが少なく、ログハウスにもよく使用されていますが耐久性の面において疑問を感じます。

平成12年に建築法の品質確保法がスタートしてから一般住宅の柱材、梁材、桁材に多く使われるようになりましたがその目的は木材の動きによる室壁のひび割れや歪みから消費者を守り住宅の性能を上げることにあると思います。

このことからみてもラミネート材は非常に動きが少ない材とわかりますが一般住宅用のものは5枚6枚と多くの枚数を張り合わせて1本の柱にしているのに対しログハウス用のほとんどはたった2枚を張り合わせたものが多いのが現状です。

しかも、一般住宅のラミネート材はそのほとんどは「雨・つゆ」の当たらない場所に配慮して使用されているのです。

ログハウスで使用されるラミネート材といえば、片面は「雨・つゆ」があたりもう片面は「室内で乾燥」する。

このような状況で雨の多い日本で20〜30年と耐えられるでしょうか?

個人のお客様へ
土地探し・施工のご相談はこちらへ
つれづれブログ
はじめました
*はやちね便り
ほっとひと息
〜立ち寄り観光情報〜
本社の紫波町周辺
工場の遠野市周辺
リンク集
*リンク
株式会社 ハヤチネ
岩手県紫波郡紫波町佐比内字舘前43-1 〒028-3316
TEL 019-674-2970 FAX 019-674-2971
mail@hayachine.com
Copyright(c)2002 HAYACHINE All rights reserved.